毎日が経営学

テクノロジーをビジネスにするための考え方を書いていくブログ

正当進化したオーバークック2は買い!前作との違いやゲームシステムの紹介と感想・評価

f:id:landyny:20180816233021j:plain

 

大人気オーバークックに続編が登場、その名もオーバークック2!

前作よりもアクションの要素も増し、

なんとインターネットでのマルチプレイにも対応。

すばらしいゲームに仕上がっていたので、レビュー・感想を

書いていきます。

 

(お盆休みに一日中やってました。笑)

あ、ほんの少しだけネタバレを含みますので、注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

まず、オーバークックとは

f:id:landyny:20180817000531j:plain

オーバークックとは、

食材を切り、調理し、皿に盛りつけて提供する、

リアルタイムシミュレーションゲームです。

スープやハンバーガー、ピザなど、

様々なオーダーにこたえていきます。

 

返却されたお皿を洗う必要があったり、

鍋を火にかけすぎると燃えてしまったりと、

様々な要素がゲームを楽しくさせてくれます。

 

 

 

 

オーバークック2のシステム・モードの紹介

今作は、

ストーリーモード、

アーケードモード、

対戦モード、

が選択できます。

 

ストーリーモード

f:id:landyny:20180816233657j:plain

前作と同じように、ストーリーをクリアしていくモードです。

1-1から6-6まであります。

 

 

 

アーケードモード

f:id:landyny:20180816233833j:plain

このモードは、つまりは「協力プレイモード」です。

 

ストーリーモードと共通するステージも含む各種ステージを、

ローカル通信やネット通信などで、

みんなで協力してプレイします。

2人はローカルで隣にいながらプレイし、

もう2人はインターネットから募集する、

なんてことも可能です。

 

 

 

対戦モード

f:id:landyny:20180816234023j:plain

こちらは、その名の通り、

ローカルやオンラインの相手と、

スコアを競い合うモードです。

制限時間内に、どちらが多いポイントを取れるかの勝負です。

 

 

 

その他

f:id:landyny:20180816234127j:plain

シェフ選択や、

 

 

f:id:landyny:20180816234145j:plain

設定画面もあります。

 

 

 

 
前作から進化したポイント

食材を投げることが出来る

やはり、まずはこれですね。

調理前の食材に限るのですが、

投げることができます。

f:id:landyny:20180819013652j:plain

↑投げている瞬間の写真です

 

 

 

f:id:landyny:20180819013616j:plain

↑のように、食材を投げる・キャッチすることを前提に作られたステージもあります。

 

注意は、焼いた後の食材やお皿・お鍋などは投げることができません。

 

また、ステージに高低差が存在するので、

一方向だけは投げることが出来るなど、

ステージギミックもこっています。

 

f:id:landyny:20180819013734j:plain

 ↑は、高低差を利用して、左側から真ん中へは投げることが出来ます。

 

 

オンラインでのプレイに対応

これも、新しい要素の中で目玉となる要素ですね。

アーケードモードで協力するもよし、

対戦モードで対戦するもよし。

 

ですが僕が遊んでみた感想としては、

協力して料理をつくるアーケードモードの方が楽しかったです。

声でコミュニケーションの取れない相手と、

空気の読み合いをしながら調理を進めて協力していくのは、

とてもあたふたして楽しいです!

 

プレイしながら、

「やばい、この人上手い・・・」

と思ったり

「おいおいおい、なんで焼かずにこっちに投げてくるねん!」

などなど。

 

この、コミュニケーションが取れないところが逆に楽しいです。

一人でたまにマルチプレイをやりたくなりますね。

 

 

 

 

その他、新しい要素

気球のステージでは、火の粉が定期的に飛んで道を塞ぎ、

消火器で消火したり。

 

f:id:landyny:20180819013835j:plain

↑気球用の火が定期的に飛び散り、道を塞いでいるところです。

ボンバー○ンみたいですね。(笑)

飛び散った火は、待っていても消えますが、

消火器ですぐに消すこともできます。

 

 

他にも、ワープできる鏡があったり。

f:id:landyny:20180819013734j:plain

左端と右端の上にある魔法の鏡のようなところに入ると、

ワープできます。

 

 

また、気球で料理していたのが、途中で墜落して、

ステージの構造が変わったり。

 

少し、凝りすぎと言いたくなるくらい、

ステージギミックは凝っています。(笑)

 

 

 

 

どうでもいい部分も進化しています。

例えば、ステージ選択画面。

 

 

f:id:landyny:20180816234935j:plain

こちらは、前作の無印オーバークックの時の、

ステージ選択画面です。

 

 

f:id:landyny:20180816235010j:plain

 こちらが、オーバークック2での、ステージ選択画面です。

どうですか、ちょっと凝ってませんか?(笑)

フィールドが海になるとバスは浮き輪を装備したり、

フィールドが空になるとバスも火を噴射したりと、

細かな芸も見えます。(笑)

 

 

 

 

残念なところ

2になって、逆に悪くなったなぁと感じる部分があります。

 

肉のビジュアル

こちらが、前作のときの牛肉です。

f:id:landyny:20180819014233j:plain

 

 

そしてこちらが、今作2の牛肉です。

f:id:landyny:20180819014258j:plain

 

 

なんか・・・・

前作のときのほうが、おいしそうじゃないですか!?!?!?

 

残念って言ってしまうのは言い過ぎかもですが・・・

なんか、2はブヨブヨっていうか、偽装肉みたい・・・(笑)

 

 

採用試験に使ったらいいんじゃないか

すぐ、こういう発想になってしまうのは

職業病かもしれないのですが・・・

 

オーバークック2を、入社時の採用試験に使ったらいいんじゃないでしょうか。

チームでどうコミュニケーションを取って、

自分の役割をどう決めて、

アクションして、振り返りをするか。

 

オーバークックを上達するために必要なことは、

仕事と同じだなーと思いました。

 

僕が採用の仕事をしたら、

まずオーバークックをやらせて、

観察しますね。(笑)

 

 

 

 

まとめ・総評

目玉となる新しい要素はありますが、

オーバークックの楽しさは変わらずで

前作を上回る面白さで正当進化していると思います。

前作を楽しいと感じた人であれば、

今作も楽しめるはずです!

 

ゼルダ・マリオ・カービィみたいな、

キラータイトルのゲームはもちろん楽しいですが、

こういう、プロト感が残ったままだけれども、

すばらしいゲームがどんどん生まれるといいな~と思います。

 

 

 

 

(おしまい。)

=============================

↓私、ランディーニの自己紹介です。

 

landyny.hatenablog.com

 

Twitterのフォローもぜひ。

twitter.com

シーズン1-3話:交渉のための度胸。ドラマ『シリコンバレー』全レビュー。

さて、3話。

3話で主に展開される話は、

  • 「パイド・パイパー」という社名をゆずれない主人公リチャードによる、交渉の話。
  • 投資家は、世の中と未来のお金をどう考えているか

がメインでした。



3話のあらすじ

大企業hooliが、模倣品を開発し、広告を打ち出してきた。

hooli社のギャビン・ベルソンと、投資家のピーター・グレゴリーの2人から、
技術の価値を見込まれた結果、
リチャードはhooli社のギャビン・ベルソンの話を断り、
ピーター・グレゴリーに出資してもらい、パイド・パイパー社を立ち上げました。
さらには、hooli社のジャネットというギャビン・ベルソンの側近として働いていた人間を、
パイド・パイパー社に招き入れました。

hooliは、パイド・パイパーの模倣品を開発しつつ、
大々的にhooli社の圧縮技術を宣伝しはじめます。



「パイド・パイパー」という社名が、既に使われていた。

既にパイド・パイパーという社名のスプリンクラーを作っている会社がありました。
リチャードはそこへ出向き、社名をゆずってくれと頼みます。
リチャードと、スプリンクラー会社のアーノルドは、1000ドルで社名をゆずると言って、
握手をかわします。

その後、リチャードがパイドパイパー社として広告を打ち出した時に、
アーノルドは「金持ちIT野郎に社名はやらん!」
と言って、
社名をゆずることを拒否しはじめます。

これにリチャードは、一度は引き下がってしまうのですが、
あとから勇気を出して、
「1000ドルで既に話はついている!」
と強気にはなし、
最終的には1000ドルで使えることになりました。



3話でフォーカスされたのは、交渉にのぞむための度胸

リチャードの成長

リチャードは、とてもお人よしな正確です。
会社を立ち上げるときも、
「仲間みんなでがんばろう!」と言って、
自分以外のメンバーも対等に扱おうとしたり。

強気で、こちらの要求を提示することを、
苦手にしていました。

今回は、自分の思い入れのある、パイド・パイパーの名前のため、
自分の要求をはっきりと伝えて、
嫌な奴になってても契約を成立させる一歩を踏み出せました。

交渉にのぞむための気持ちとして、とても参考になる

僕も日々の仕事で感じていますが、
ニコニコして、こちらの思う通りの結果が得られる事は、
実際のビジネスでも、少ないでしょう。

多少、相手から見て嬉しくない契約条件であったとしても、
「こちらとしては、これ以上は譲れません」
というポイントを、ハッキリと堂々と伝える事が、
とても大切です。

でも、交渉に慣れていない人ほど、
その場を丸く収めようとしてしまったり、
相手に気に入られようとして、
強気の要求が出来ない。

そこに必要なのは、経験でもなく知識や知恵でもなく・・・
ただ、想いと度胸だけなんですよね。

それを、3話から感じることができます。


それにしても、やっぱり会社の名前って、
そんな大切なんだなぁ・・・と、
ちょっと思いました。
僕なら折れてしまうかも。(笑)



おまけ

3話では、
リチャードの社名をめぐった交渉の他に、
投資判断の話もありました。

投資家のピーター・グレゴリーが、
ゴマの先物価格から、来年の不作を予測し、
利益を得る話があります。

投資家が、世界や未来のモノの価格をどう見ているのか、
とても参考になります。




今回も、良い勉強になりました。






(おしまい。)



よければシーズン1-1話からどうぞ。
landyny.hatenablog.com



=============================

↓私、ランディーニの自己紹介です。
landyny.hatenablog.com

Twitterのフォローもぜひ。
twitter.com 

シーズン1-2話:会社の価値とは何か?ドラマ『シリコンバレー』某大学で技術をビジネスにする仕事をしている私から見た感想とあらすじのまとめ。

さてさて、シリコンバレーシーズン1の2話。
さっそくレビューしていきます。

2話で取り上げられたのは、会社の価値とは何なのかということ

主人公のリチャードは1話で、
キャビンに大金をもらって権利を売るか、
グレゴリーに会社の5%を出資してもらって創業するか、
その2択のうち、後者の創業を選びました。

そのグレゴリーとのミーティングの中で、

グレゴリー「私が買ったのは何だ?」
リチャード「アルゴリズムです」
グレゴリー「ちがう、会社にお金を出したんだ」

というやりとりがあります。

ここでリチャードは、
すごいアルゴリズムを持っていることは前提として、
それをプロダクトとして提供する会社の価値を、
どう高めていくか、という問題にぶち当たります。

では、創業期において会社の価値は何で決まるのか?
1つは、すばらしいテクノロジーシーズである、圧縮アルゴリズム
でも、もうひとつ大切なことは・・・ヒト

その会社のCEOの人柄は?モチベーションは?
チームメンバーの強みは?
という視点で、ヒトがどれだけ良いかという点も、
会社の価値になります。



ヒトが会社の価値に直結するため、ヒトを切るという選択もしないといけない

2話では、先輩から、
「リチャード、イヤな奴になれ」
と助言されるシーンがたくさんあります。

そう、お友達みんなで起業して楽しく会社を経営できれば、
それはそれはハッピーですが、
会社に出資してくれるグレゴリーがそれを許してくれない。

リチャードは、親友をチームから外すことを余儀なくされます。



2話を見て、僕の感想

自分が分からない事を素直に人に聞く姿勢は、素晴らしい

主人公のリチャードは、投資家グレゴリーに
「48時間後までにビジネスプランを用意しろ」
と言われて、悩むのですが、
翌日には、なんと自分たちのアルゴリズム
買い上げようとしていた会社の社員に電話をし、
助けを求めます。

この、今の自分では到底分からない部分について、
他人の力を有効に借りようとする姿勢は、
良い戦略だと思いますね。

完璧に準備をしてから走り出すのではなく、走りながら身につける感じがとても良い

リチャードは、起業の知識はゼロですが、
恥をかきながら、他人の助けをかりながら、
前進しています。

私の感覚では、多くの日本人って、どうしても、
「準備が整ったら」
「もう少し、完璧にプランをたててから」
とかいって行動しないですよね。
その点、リチャードのように、
前進しながら身につけていってる人は、
どんどん成長して、力をつけて、
成功に近づいて行ってると、
思います。
リチャードのように、丸腰で前進しましょ!



終わりに

2話は、ヒト・モノ・カネの中の、
ヒトに焦点があてられた、
少しドロドロした内容になっていました。
実際に新しいビジネスを興す場合にも、
ヒト選びはとってもドロドロしています。
創業期の余裕が無い時期に、親友だからといって雇う余裕はありません。

テクノロジーも大切ですが、ヒトも大切。
そんなことを分からせてくれる2話でした。





(おしまい。)



シーズン1-1話はこちら。
landyny.hatenablog.com



次、シーズン1-3話はこちら。
landyny.hatenablog.com



=============================

↓私、ランディーニの自己紹介です。
landyny.hatenablog.com

Twitterのフォローもぜひ。
twitter.com 

将来起業したい理系の大学生は、今なにを勉強するべきか

f:id:landyny:20180805223602j:plain

僕は以前働いていた会社でも新規事業の経験があり、
今は大学の技術を事業にする仕事をしている、
という経歴のせいか、
学生が僕に、就活の相談をしてくることがちらほらあります。

その多くが、
「起業したい!」
ではなくて、
「○○起業(大企業)ってどうでしょう?」
という、割と大きめの会社への就活相談なのは、
ちょっぴり残念ですが。。。

そんな僕が、
将来起業して、バリバリのテクノロジーを活用して
ベンチャーをやっていこうと考えている学生は
今なにに取り組むのが良いのか、考えてみました。



まず、自分の専門分野の研究に全力投球し、サイエンスに向き合う

よく、学生のうちからビジネス的なことも
勉強するほうが良いんじゃないか、
と言われます。
もちろん、ビジネス的な知識を入れることは無駄では
ありませんが、
まずはどっぷりとサイエンスに浸かりましょう。

研究室に配属されているなら、
その研究室の分野の研究を極めましょう。
薬学、医学、情報、工学、理学、いろいろ毛色はありますが、
どの分野であっても、目の前のサイエンスと向き合い、
深く深く掘った経験は、肌感覚として培われ、
そのあとの人生に活きてきます。
大学を卒業した後、大人になってからこの肌感覚を
養おうとしても、なかなか難しいし、機会も少ないでしょう。

例えば、自分が深めたのは薬学だったのに、
起業して扱うテクノロジーが工学系だったとしても、
サイエンスに向き合った経験は活きます。

Twitterで、研究室しんどい投稿なども見ますが、
理不尽な場合でない限り、
体調を害さないように、がんばってほしいと思います。

論文読んで、自分で手を動かして実験して、
学会で発表して、質疑応答でボコボコにされて・・・
みたいな一連の経験は、あとでとても貴重な宝になります。



新卒で起業するか、大企業や既存のベンチャーに就職するか

この部分、とても賛否両論あるでしょう。
「まずは3年ぐらい、大企業で勉強するのがよい!」
という意見や、
「大企業に3年もいたらダメになってしまう!」
など。

まずは会社で働いてみよう

僕の考えとしては、
まずは大企業なり既存のベンチャーなりで、
仕事をしてみるのが良いと思います。

一度働いてみると、
一度も働いたことのない学生には見えなかったものがたくさん見えます。

それを経験し、問題意識をもってから、
起業するのでも遅くはないと思います。

大企業かベンチャーかは、どちらでもよい

まず働いてみる会社として、ベンチャーが良いか大企業が良いかですが、
これは一長一短なので、
僕はどっちでも良いと思います。
大企業VSベンチャーの構図では話が出来ないので、
自分が納得すれば、それで良いと思います。

注意としては、大企業に入った場合、
ベンチャーよりも会社が大きいせいで、
会社のビジネス全体が見えにくくなるので、
会社全体でビジネスモデルキャンバスを書いてみたりして、
自分が働いている会社の強みが何かなどを、把握しましょう。



社外の人と交流をもつ

ベンチャーであれば、必然的に社外の人とのやりとりは多いでしょうが、
大企業になると社内の人とばかり仕事をするということになると思います。
特に大企業で働く場合には、必ず社外にコミュニティを持ちましょう。
起業家のための勉強会だったり、
何かしらで社外の人と交流することで、
他社と自社を比べることができます。

自社だけに通用する常識や慣習に気付くことができるので、
大企業で働く場合、社外人脈は必須ですね。



良いメンターを見つけて、起業したいと伝える

メンターというのは、
広い意味で自分の相談にのってくれたり、
助言をくれたりする先輩のことです。

投資家だったり、どこかのベンチャーの社長だったり、
誰かしら信頼できる人を見つけてメンターにし、
そのメンターに起業したいという意志をハッキリ伝えましょう。

日本のベンチャー界隈はとても狭く、
みんな知り合いみたいな感じです。
そのネットワークに入ることも、とても大切な要素になります。

良いメンターであれば、
「起業したいんです!」
とハッキリ伝えたときに、的確なアドバイスをくれるでしょう。
もちろん厳しい意見も含めて、ズバッと。

私は2015年にベンチャーキャピタリストになりたいと言った時、
今でもお世話になっているメンターの方々(投資家など)からは、
「君にはまだ早いね」と言われました。
今になって冷静に考えると、その通りでした。

人とのネットワークが築けて、
起業したいという意志を発信していれば、
いつかその日は訪れるでしょう。
今は、起業家が枯渇しているのでなおさら。(笑)



最後に:やりたい仕事を思い切って伝え続ければ実現する

新卒で入社した会社にずっと居たいという人は
ずいぶん減ったとは思いますが、
まだまだ大手などの場合には、存在しますよね。

そんな人たちの中には、
「次が無いから、ここで働き続けたい」
という、ある意味ネガティブな理由の人もいるでしょう。
若手でも、今の会社を辞めた時に、次の働き口があるのか、
不安な人が多いと思います。
でも、良い人に自分の仕事の価値観や、
やりたい仕事を伝え続けていれば、
ポストが空いた時に誘ってくれたり、紹介してくれたりして、
実現すると考えています。

発信すれば、実現する!と思って、
前向きに仕事に取り組んでほしいです。


理系の大学生が、
就活や、今後の進路を考える上で、
少しでも参考になれば嬉しいです。





(おしまい。)

=============================

↓私、ランディーニの自己紹介です。
landyny.hatenablog.com

Twitterのフォローもぜひ。
twitter.com