毎日が経営学

テクノロジーをビジネスにするための考え方を書いていくブログ

英語メールの基本は、構成をシンプルに分かりやすくすること!言い回しは重要ではない。

最近、仕事で英語のメールを打つようになりました。

先輩から、英語のメールで大切なことを教えてもらいました。

その内容は、
・日本語のメールをそのまま英語にするな!
・言い回しよりも、構成を分かりやすくする!

の2点です。

具体的に説明していきます。




下記は、日本語でのよくあるメールです。

【日本語による、よくあるメール例】

XX様

ランディーニです。
この度は、どうもお世話になります。

私どもの活動を日々ご支援いただき、
どうもありがとうございます。
取り急ぎ、プログラムの概要をお送りさせていただきます。

内容等をご確認の上、ご不明な点等ございましたら、
お気軽におたずねください。

また、もしよろしければ、
○○はいかがでしょうか。
また、△△についても、ご検討くださいますでしょうか。
お手数ですが、こちらとしては□□にも、お答えいただけますと幸いです。

当日、お会いできますことを、大変楽しみにしております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
【おわり】


こんな感じのメールを仕事で送る事は、
よくあります。

このメールの目的は、
・相手へのプログラムの送信
・相手に、○○と△△と□□の質問に答えてもらう

の2つですよね。
それ以外の部分は、マナーというか、
お気を損ねないための内容です。

そして、このメールを英語にするときに、やってしまいがちな失敗は、
上の日本語メールをそのまま英語に訳そうとすること。

すると、どんなメールになるか。

【ダメな英語メールの例】

Dear XX

Hello. My name is Landyny.
I really appreciate for your kindly supporting us.
I am pleased to inform you Programs.
If you have any question, please feel free to ask me.

And, please tell me ○○?
And, can you consider △△?
And, I know that is not convenient, but I want you to □□...

I am looking foward to seeing you in Japan.

Best regards,
Landyny
【おわり】


どう思いますか。
今回伝えたい、
・プログラムを送ること
・3つ質問をすること
の間に、いらない文章がいっぱい入って、
とっても見にくい。
どこにリアクションすべきポイントがあるのか、
分からない。


じゃあどう改善すれば良いか。




【シンプルで良い英語のメール例】

Dear XX

I am pleased to inform you of the Programs.
Please tell me following 3 question.
1.
2.
3.

So I am looking forward to seeing you in Japan.

Best regards,
Landyny
【おわり】


これでいいんですよ。
英語がネイティブ並みに得意なわけではない僕は、
こういうメールでいいんですよ。

無駄な内容を省き、
構成を分かりやすくする。

カッコイイ英語の言い回しを使おうとするのではなく、
例文転用でかまわないから、
構成を分かりやすくすることに、努力をする。


これが私が先輩にまず教わった、英語メールの基本です。

現在実践中です。