2018年に向上させたい能力は、英語のスピーキングとリスニング

2018年になりましたね。
今年も経営力・経営センスを磨いていきたいのですが、
直近で向上させたい能力は、まず英語ですね、とにかく。


原著論文を読んだりするので、リーディングはおおむねOKですが、
スピーキングとリスニングの力が著しく低いので、鍛えたいです。

技術移転・新規事業立ち上げの仕事をしていて、
普段一緒に仕事をする人たちは、みんな英語が話せます・・・。笑

いや笑ってる場合ではない。




既に、1月には英語でのビジネスピッチが予定に入っています。
原稿を必死につくっていて、プレゼンするだけならまだしも、
質疑応答を英語で受けることはほぼ不可能です。その場にる他の人に助けてもらうしかない。


2月は、アメリカでAUTM(世界技術移転カンファレンス)があるので、
そこでも英語で発表を聞き、英語でネットワーキングしないといけない。


そもそも、テクノロジーをベースに新しい事業を立ち上げる仕事をするにあたって、
英語から避けて通れないのは、よく理解しています。


なので今年は、とにかく英語のリスニング・スピーキングのトレーニングに時間を割き、
英語で発表、質疑応答、ブループディスカッションできるようになることを目標とします。


英語がペラッペラの先輩に、勉強法の相談をしたところ、
好きなジャンルの動画・音声で、
ディクテーションとシャドウィングをしまくれとのこと。


ディクテーションとは、英語を聞いて英文を書きとっていくこと。
シャドウィングは、音声のすぐ後ろをついて発音すること。


この2つをがんばっていこうと思います。


僕がまず題材に選んだのは、任天堂スプラトゥーンを紹介する、
Nintendo Direct映像。



Nintendo Direct Presentation - Splatoon Game Overview (5/7/15)



ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの動画にしようか迷ったけどね。


この動画で、ディクテーションとシャドウィングしていきます。