『ゲームをする時間をあきらめてほしくない』という想いは、SwitchもWiiUも共通している

f:id:landyny:20171014230620j:plain

 (my Switch キャラプレシール貼りました) 

 

もう何年も前ですが、WiiUが初めて発表され、

CMなどの映像が公開されたとき、
やたらと「テレビがなくてもゲームパッドだけで遊べます」
が強調されていて、
家庭用据え置き機なのに、なんでそんなこと言うのかな・・・と思っていました。
実際にWiiUを購入した後、テレビに写さずにGamePadだけで遊ぶことは、
私の場合はそんなに無かったです。そりゃやっぱり大画面でやりたい。

 

 

今度はSwitchが発表されて、ホームページの広告を見て、
「テレビから離れても、テレビゲーム機と同じ体験を。」
の文字を見て、ハっと思いました。

 

任天堂は、WiiUのときも、今回のスイッチの時も同じように、
プレイヤーに、ゲームを中断してほしくない、ゲームを邪魔されてほしくない、

ゲームをする時間をあきらめてほしくない
という風に考えたのかなと思いました。

 

WiiUの時は、家族の誰かにテレビを取られても、ゲームパッドへ画面を移して
そのまま続きを遊んでね、と。それが家の中の範囲で、かなうわけですね。
Switchの場合は、家の中に縛られず、どこにでも持ち運んで、
ゲームが継続できる。
つまり、WiiUとSwitchの違いは、持ち運び範囲が家の中か、家の外までいけるか、
ということ。

 

スイッチのサイズは、任天堂3DSと比べて画面も大きく、
3DSほど積極的に外に持っていきたいサイズではないですね。
ただ、『もって行きたい』サイズではないけれど、『もって行ける』サイズですね。


例えば、毎日カバンに入れておくことはあまりしたくないですが、
出張の時や、長時間の移動のある時なんかは、その時間でゲームができる。
「家でじっくりゲームする時間がないなぁ」と思っている人でも、
移動中などの時間を活用できるおかげで、あきらめなくてすむかもしれませんね。

 

 

WiiUとSwitchの違い

・2画面か1画面か
・ハプティクス技術の有無

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは、WiiUでもSwitchでも発売されていますが、
これはどちらの本体で遊んでも超楽しいでしょう。

私はSwitchでプレイしていますが、
友人のWiiU版をさわったことがあります。

おもしろさは、当然一緒ですね。

 

ですが、WiiUの場合は2画面を同時に使うゲームがあります。
スターフォックスゼロピクミン3ゼルダのリメイク(風のタクトHDトワイライトプリンセスHD)などのソフトは、

2つの画面に別々の映像やマップなどを表示させて遊びますが、
2画面で遊ぶのはとっても楽しいですよ。


スターフォックスゼロの、2画面を両方つかいながら必死で敵を狙う感じは、
なかなか楽しいです。
ピクミン3ゼルダの場合なんかも、マップを手元に表示させながら、
プレイするのは、とても快適です。

 

Switchには、ハプティクス(触覚フィードバック)の技術がジョイコンに入っていて、
よりリアルな振動がとても楽しく、当然これはSwitch特有ですね。
また、Switchはスリープからの立ち上がりが早すぎて、

時間泥棒なのがちょっと・・・笑

 

私からすると、WiiUもSwitchも、どっちも最高に楽しいゲームハードですが、
やはり家の外にまで持ち出せる点や、コントローラー着脱式などの斬新さから、
Switchの売れ行きは好調ですね。

 

 

 ゲームをする時間をあきらめる人が減る

Switchの売れ行きが好調な理由には、さまざまな理由があると思います。

そのなかでも、据え置きでのゲームを本当はしたいんだけど、

家庭の事情や仕事の忙しさなんかであきらめてゲームから離れている人が、

Switchを手にとって、もう一度ゲームに帰ってきてほしいですね。

もちろん、深い理由なく、購入するひともgood。

 

ゲームを楽しむ仲間が増えることは嬉しいかぎりです。

 

f:id:landyny:20171014230809j:plain

 (my Joy-Conです)