ビジネス

「○○すべき」という「べき論」に対抗する方法

「○○すべき」の正体は何か みなさんの周りにもいませんか。 何かあるたびに、 「まず○○すべきではないでしょうか!」 といった、べき論を話す人。この、べき論の正体は、 ○○した方が良いのではという仮説 ○○するのがお作法・ルールであるという決めつけ ○○が…

議事録は、質よりスピード!会議後すぐに送ると良いことだらけ

会議の議事録を頼まれたとき、「しっかり書かないと!」 「正しい日本語で書かないと!」 「間違いなく書かないと!」と力んでしまって、 会議が終わってから「あれ、あの人なんて言ってたっけ・・・」 「この日本語でいいのかな・・・」という感じで悩みす…

健康経営とは?健康経営を勉強したい経営者にオススメの書籍6冊

健康経営、働き方改革、ダイバーシティ推進などなど、 実際に何から取り組めばよいのか悩んでいる経営者や、 そもそも健康経営とは何かを勉強したい経営者に向けて、 おすすめの本を6冊紹介します。 健康経営の基本的な考え方 健康経営の基本的な考え方は、 …

フリクションボールビズ2の替芯は、ビズ2専用ではなく多色用がおすすめ

先日買った、フリクションボールビズ2ですが、、 landyny.hatenablog.com さっそく、黒インクがなくなりました。 はやいな・・・。替芯を買うときに、 本来なら、こちら LFTRF40EF-2 www.pilot.co.jp ビズ2専用の、これを買うのが良いんでしょうが、私は、 ↓…

健康経営、働き方改革、ダイバーシティ推進は三位一体で、『仕事は1日8時間』の上に成り立つ。

健康経営、働き方改革、ダイバーシティ推進。 私の頭の中では、 こんなイメージ図です。それぞれ、違う立場・視点から見ているのであって、 中心に存在するものは同じじゃないかと。その中心に存在するのは、 『仕事は1日8時間』 です。↓以前書いたブログ記…

人間の仕事を奪うと言われている人工知能は、ななめドラム洗濯乾燥機と同じ。人間をラクにし、自由にしてくれると考えよう。

いよいよ実用レベルになる人工知能は、ななめドラム洗濯乾燥機と同じ AIがホワイトカラーの仕事を奪う、って言われていますが、 ネガティブにとらえなくてもいいんじゃないかな。 僕たちの仕事が、もっと楽になって、 コアな部分に、集中できるんじゃないか…

日本企業が競争力を失っている理由を考えた

日本企業が競争力を失っている理由・・・ 冒険的な投資・研究が出来ない 日本人だけ、同じ属性だけ、で集まろうとする 失敗が非難される文化がある 自前主義 くらいを思いつきます。 冒険的な投資・研究が出来ない すぐに「で、2年後いくら儲かるんだね?」…

ビジネスシーンでのEverlast活用のために、フリクションボール2ビズを購入!

Everlastを購入して、だいたい1ヶ月間使用しました。landyny.hatenablog.comとっても便利で、仕事でバリバリ使っています。 これからも使っていこうと思ったので、 ちょっと良いフリクションボール2ビズというボールペンを買いました。 初期で入っている芯の…

目指せ高速タイピング!はじめて単語登録をする時の簡単なコツ。食わず嫌い状態の私も、たった1日でメリットを実感できた方法

landyny.hatenablog.com↑のブログで、書評を書きました。 仕事は1日8時間だけ!を実現するために、 仕事のスピードをどんどん上げないといけない そのための方法として、 パソコンに単語登録を200個くらいすることが提案されていました。200個も、何を登録し…

【書評】『自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法』無意識な目標で日々を過ごすとネガティブな自己評価になってしまう

自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法作者: 下園壮太出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2016/02/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこちらの書評です。自分の仕事と自分の生き方に 自信を持ちたいなと思って…

【書評】『最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる』とにかく仕事は1日8時間!

赤羽雄二さんの、 最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる を読みました。最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる作者: 赤羽雄二出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/07/13メディア: 単行本この商品を含むブログを見るメッセージが具体的…

トライアンドエラーが詰まったすばらしい記事『日本企業は「礼儀正しく時間を奪う」 マイクロソフトが働き方改革で歩んだ“地雷だらけ”の道』

ちょっと古いですが、下記記事を読みました。 トライアンドエラーが生々しく書かれていて、 夢中で一気に読んでしまいました。logmi.jp私自信、大企業で働いていた経験や、 昨今の働き方改革・健康経営の状況を見ていて、思ったこと。 「私は会議でなにかが…

69ドルで自分の弱点が知れるなら安い。ストレングスファインダーで自分の弱みも見てみた。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0作者: トム・ラス,古屋博子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2017/04/13メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る前のブログで、ストレングスファインダーで見つか…

【書評?】『ストレングスファインダー2.0』1位の才能が予想外だった。

ストレングスファインダー2.0 やりました。さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0作者: トム・ラス,古屋博子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2017/04/13メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 書籍に…

就職活動の戦略:企業が考えている新規事業を予想し、自分のアイデアを加えてアピールする。

就職活動の時、面接や履歴書やエントリーシートで、 志望動機とか、 自分の強みとかを、 書いたり話したりしますよね。その時、どう自分の個性をアピールするのか、 悩むと思います。 そんなとき、 企業が考えている新規事業を当ててやる という戦略は有効な…

新規事業マインドは、ミニオンから学ぶ。ミニオンはアントレプレナー!

GWにミニオンの映画、ぜんぶ見ました。笑 そして出ました、結論が。ぼくが目指すのはミニオン。ミニオンはすばらしい新規事業マインドの持ち主。 底抜けに明るい 野心の顔、ワクワク顔 チームで団結する 遊びに誘われたら、いたずら顔で乗る 目の前に現れた…

【書評】『40歳が社長になる日』管理職世代が教えてくれないこれからの生き方が詰まっています。20代、30代の社会人におすすめ。

↓を読みました。40歳が社長になる日(NewsPicks Book)作者: 岡島悦子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/07/29メディア: 単行本この商品を含むブログを見る とっても良かったです。 ダイバーシティマネジメント、長時間労働、これからの生き方、 親からの文…

裁量労働で仕事していくために必要なのは、仕事は結果で勝負するという覚悟と自信

裁量労働制について、 定額働かせ放題とか、 定額さぼり放題とか、 いろいろ言われていますよね。私は裁量労働制なので、 裁量労働制について、私の考えを書きます。 私にとっての裁量労働のメリット ・仕事の中身と成果に集中できる ・残業代などを考えなく…

映画『怪盗グルーの月泥棒』から学ぶ、新規ビジネスに投資を受ける方法。

先日、生まれて初めてユニバーサルスタジオジャパンに行ったんです。笑もちろん、ミニオン・ハチャメチャ・ライド乗ってきました。それが楽しくて、ミニオンが可愛くて、 1作目の映画、『怪盗グルーの月泥棒』を見たんです。怪盗グルーの月泥棒 (吹替版)発売…

スプラトゥーンフェス『未知の生物 vs 先進の技術』を題材に、ビジネスのニーズ発とシーズ発を語るよ。

今回のスプラトゥーンフェスのお題、 「ロマンを感じるのは? 未知の生物 vs 先進の技術」 とても悩みました。悩みに悩んで、結局、未知の生物にしました。 普段、最新技術・先進技術・研究成果をビジネスにする仕事をしているので、 先進の技術を選ぼうかな…

Everlastを購入。ファーストインプレッション。

Everlastを買いました。5000円しましたよ、このノート。何がすごいかって 水でふきとれば何度でも書ける スマホで写真を撮って、綺麗にデータになる すごいですよね。 少し、つるっとしたページです。 QRコードの右のマークにチェックをいれると、 Evernote…

【書評】『インベスターZ(2)』鋭くぶった切ってくれる感覚が最高

インベスターZの2巻の書評です。インベスターZ(2)作者: 三田紀房出版社/メーカー: コルク発売日: 2013/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る これはマンガですけど、内容がすばらしいので書評として書きます。笑 2巻にも、グザっと鋭く指摘し…

試しに新聞を取ってみたけど、ゴミにしかならなかった話

あるセミナーの特典で、 3ヶ月間、日本経済新聞を無料でお届けしてくれることになり、 先日から家に日経新聞が届くのですが・・・・これがもう、ゴミにしかならない。 無料期間中だけど、講読やめようかな。 なぜ新聞がゴミにしかならないのか 普段、日経テ…

自己成長に必要な人生の『第二領域』に集中するための勇気をもつ。

第二領域とは何か コヴィーの著書『7つの習慣』の中で解説されている、 重要性×緊急性の4つの区別の中で、 緊急ではないが重要であるものを、第二領域と呼びます。 この第二領域が、自己成長にとって欠かせない領域。例えば、英語を勉強するとか、本を読むと…

【書評】『インベスターZ(1)』これはもはや、人生の教科書。

インベスターZというマンガ、ご存知でしょうか。インベスターZ(1)作者: 三田紀房出版社/メーカー: コルク発売日: 2013/09/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る主人公は道塾という高校に入学し、投資部という部に入ります。 投資部は、巨額の資産…

【書評】『社内失業 企業に捨てられた正社員』は実在する。私が会社で見たものと照らし合わせて。

社内失業 企業に捨てられた正社員 (双葉新書)作者: 増田不三雄出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2010/11/17メディア: 新書購入: 9人 クリック: 485回この商品を含むブログ (27件) を見る社内失業という本の書評です。 この本には、正社員として入社したのに、…

「私が苦しんだんだから、あなたも同じように苦しみなさい」といった意味合いの仕事には注意。(特に新社会人)

「私の着任当時は、マニュアルもなにもなくて、 すべて試行錯誤して苦しみながらやったんですよ~」 こういう、"大変だった体験談"を聞くことはよくありますよね。でも、さらに 「だから、私が昔苦しんだように、あなたも最初は マニュアルに頼らずに、試行…

交渉の場に同席させるパートナーは、相手のタイプにあわせてポケモンのように入れ替えよう。

契約交渉、打合せなどにのぞむとき、 自分1人で行ってもいいのですが、 相手が複数の場合もあるので、 やはりこちらも2人くらいが良いケースが多いように思います。そこで、交渉に同席してくれるパートナーをどう選ぶかはとても大切な問題です。いつも一緒に…

リーダーの過労は、フォロワーのあなたが最優先で解決すべき問題である

あなたがあるチームの一員だったとします。 あなたのチームのリーダーは、忙しそうでしょうか? リーダーの過労は、最優先で解決しないと、チームごと方向性を誤ってしまいます。なぜか。 過労なリーダーは意思決定を誤るから。 リーダーの重要な仕事の1つは…

『毎日が経営学』の意味は、ブログを書く理由そのもの。

毎日が経営学 というタイトルで、ブログを書いていますが、 その意味は、 経営力をアップさせるネタは、毎日そこらじゅうにころがっている。 それを毎日ひとつひとつ学び、自分の血肉にしていくこと。これが、毎日が経営学の意味です。 ビジネス、仕事術、働…